近所の理容室にて

実家近くの理容室へ

先日、母親から頼まれた回覧板を持って、実家の近所にある昔ながらの理容室に行ってきました。今は友人の美容室に行っている私も、小学校中学年ぐらいまではこの理容室で子供らしい髪型にしてもらっていたのです。

 

また父は未だにこのお店でカットをしているので、家族みんなでお世話になっている次第です。そんな先日はちょうどお店が空いていたので、理容師歴50年のおばさんと一緒にお話をしてきたのでした。

 

理容師にはハートワークが欠かせない

最初は髪の悩みから始まった私達の会話は、仕事や恋愛といったプライベートの部分まで発展していきました。理容師のおばさんに「とても聞き上手ですね?」と言ったところ、「私達の仕事はハートワークが大事だからね!」とのこと。

 

お客様の髪の毛をカットする理容師には、ちょっとした会話を通してお客様の心をリラックスさせる「ハートワーク」も欠かせないスキルのひとつだそうです。また気持ちの面で生じる心地良さが、「またあの理容室に行こう」という想いに繋がるため、リピーターを増やすためにも、ハートワークに直結するトーク力は理容師にとって欠かせない要素だとおばさんが言っていました。

 

理容室や美容室でストレス解消

そんな私も友人の美容室に行き、パーマやカットをしてもらいながら「心のデトックスをすること」を楽しみにしているような気がします。また精神的な苦痛を溜めておくと、円形脱毛症などが生じることもあるため、美容や髪のエイジングケアといった要素を求めていなくても、定期的に理容室や美容室に通ってストレス解消する習慣はとても大事だということがわかりました。